周囲の人がうつ病になったら|うつ病の症状があれば早めに診断しよう

  1. ホーム
  2. 家族や友達のうつ病

家族や友達のうつ病

ドクター

昔に比べると、うつ病について世間に広く知られているので「甘えているだけだ」「気合で治る」など無理なことを言って患者を追い込むことはほとんどなくなってきていますが、実際家族や身の周りの人達がうつ病患者になってしまったらどうしたらいいのか分からなくなってしまいます。その中には未だに「気持ちを切り替えればすぐに治る」と軽く考えてしまう人もいるでしょう。しかし、少しでも早く症状を改善していくためにも周囲の人たちがうつ病患者との接し方を理解する必要があります。治療を上手く進めていくためにはサポートが必要ですが、適切なサポートをするためにはまず患者のうつ病について正しく理解することが大切です。そして本人の気持ちを少しでも汲み取ってあげられるように話を聞いてください。本人が話したくない時は無理やりに聞こうとすることはせずに、本人が話したくなったときに聞けるような体制をとっておきましょう。話を聞いている時は「ああすればいいのに」などのように口を出さずにとりあえず本人の話を最後まで聞き、最終的には「治療できるように一緒にゆっくり考えよう」などの負担をかけない声掛けをしてあげましょう。そうすればうつ病患者にプレッシャーを与えることなく、症状緩和のサポートを始めることができるはずです。普段から相手の話を聞くことは大切ですが、相手から話してくれるまでは待つようにして、ゆっくりしている時間のときに話しやすい環境を作ってみる工夫などをすると、気持ちの変化を話しやすくなるかもしれません。うつ病は治療を始めて日数が過ぎれば徐々に良くなるものではありません。最近調子がいいと思うときがあっても、またすぐに落ち込んでしまうことを繰り返すうつ病もあります。長くサポートしていく意思を持って、感情を左右されないように客観的に見ることも大切です。サポートしている側が崩れてしまうと本人へのダメージも大きくなり、症状がより深刻になる可能性もあります。患者が感情的になっているときは突き放されることもあるかもしれませんが冷静に対応するか、かかりつけの医師に相談するといいでしょう。サポートをするうえで気を付けておきたいことは、患者に病気について「こうするべき」などの指示をしたり、「その考えは間違っている」と否定したりすることは、本人にとって大きな負担や否定された孤独感が大きくなってしまい、サポートしてくれている人を避けて頼るところを失ってしまいます。一度離れてしまったうつ病患者の心を取り戻すことは大変なので、否定せずに時間をかけて話をしていくと良いでしょう。うつ病の症状などを理解したところで安易にサポートが上手くいくとはかぎりません。しかし、大切な家族や友人の元気な顔を取り戻すためには周囲のサポートが必要になるので十分な理解を持って、どうしていいか分からない時は、まず気持ちを落ち着かせて担当の先生にアドバイスをもらうことでうまく治療を進めることができるでしょう。